渋柿を そのまま食べる!?

11月中旬。お隣さんから渋柿をどっさりいただきました。

実が硬いものは吊るして干し柿に。初めてにしてはうまくできました。

さて、柔らかくなってしまったものはどうしよう?吊るせないしなぁ。。。

インターネットで調べてみると、

完熟した渋柿は渋が抜けるため、そのまま食べることができ、甘柿よりも糖度が高いとのこと。

「なぁにぃ~?そのまま食べられるだとぉ??」

恐る恐る口に運ぶ。

舌に当たった瞬間、

あまぁ~~~~~い!!!(某お笑い芸人のギャグじゃないですよ 笑)

渋みは全く感じませんでした。

70歳近い友人(男性)にこの話をしたところ、

「小さい頃に食べてたよ。近所の渋柿をもいでビニール袋に入れて、熟すまで砂場に埋めたものだよ」と。

晩秋の砂場は保冷庫だったんですね。

砂場に埋めなくとも、屋内の涼しい場所に置いておけば熟します。

見た目も食感も甘柿の熟したものと変わりません。

ただ!味が!甘い!その年一番の衝撃でした。

お試しあれ♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真手前が完熟渋柿。奥は初めて作った干し柿です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2017年糸島市に移住。3児の母。凝り性なのにズボラ。趣味はスキューバダイビングだが第一子妊娠から10年ほど潜ってないので、そろそろ復活したい。