黄色い花に感じる春の訪れ

庭のミモザが満開を迎えました。

ミモザも私たち家族も引っ越して1年たたないので、初めて見る開花です。

花で季節を感じるのって嬉しいですね。

特に今は新型コロナウイルスの影響で家で過ごすことが多いので、少しでも清々しい気分を味わおうと、剪定したミモザでスワッグやリースを作ってみました。

スワッグといっても吊るしただけ、リースといっても枝を丸めて花を挿しただけの簡単なものですが、十分楽しめます。

私がよく行く「志摩の四季」でも、行く度に季節を感じます。

先週、今年初めてコウイカが売られているのを見つけました。

鰆もまだまだ並んでいます。

梅や桜などの切り枝、野菜コーナーには新タマネギやナノハナ、タケノコも。

近くの田んぼでは田植えに向けてトラクターが動いていたり、散歩している人の服装が明るい色になったり、そこかしこで季節の移り変わりを発見できます。

みなさんは、何に季節を感じますか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

糸島市志摩に住む3児の母。
最近は子どもたちとキャンプに行くのがブームです。
キャンプ中に子どもたちと流れ星を見ましたが、願い事は間に合わず。