MENU

10月16日開催「いとしまこども食堂 ほっこり」レポート!

10月16日(日)、市健康福祉センターあごらにて「いとしまこども食堂 ほっこり」が開催されました。「ほっこり」は、さまざまな年齢や立場の人とのふれあいの場であり、調理や食事を通して食の大切さを知る食育の場です。

大学生、中学生に教わりながら、消しゴム作りに挑戦。かわいいケーキ型の消しゴムができました!
幼児、小学生、大学生が一緒に遊ぶ

食堂で提供されるお昼ごはんは、その時の旬の食材を使った季節感たっぷりの品々。JAや食品メーカーなどの支援団体・企業から寄せられた食材が使われており、フードロスの削減にもつながっています。

お昼前の調理室は、さまざまな世代のスタッフたちでとっても賑やか!6つの調理台に分かれ、下準備チーム、おにぎりチーム、揚げ物、汁物、炒め物…と献立ごとに分担して料理を仕上げていきます。

白菜を千切りに。包丁を握る表情は真剣そのもの
この日の献立のメイン、豚汁。「素材がいいから野菜のうまみがとってもよく出てる」とにっこり

この日は、ハンドボールチーム、ゴールデンウルヴス福岡の選手たちも腕まくりで調理に参加。ゴールデンウルヴス福岡は国内でも珍しい農業で生計を立てているスポーツチームで、こども食堂の開催日には、選手たちが心を込めて育てた旬の野菜を朝一で収穫し、届けてくれています。

選手たちが育てた大きな安納芋
選手お手製ニラレバ炒め。お味は、最高でした!
「地域とのふれあいを大切に、地域に愛されるチームでありたい」と監督の山中基さん(右端)

午後は選手たちとの交流会。Q&Aタイムでは大人たちからさまざまな質問が飛び、キャッチボールタイムでは、選手たちの鮮やかなボールさばきに子どもたちの目は釘付け。

初めて手にしたハンドボール。しっかり構えて、選手にパス!

2歳の子どもと一緒に度々遊びに来るという母親は「アットホームな雰囲気で、毎回知り合いに会いに来るような感覚がうれしい。普段なかなか会えない人たちともふれ合えて、いい刺激になります」と、広い部屋を元気いっぱい駆け回る子どもに穏やかな視線を向けていました。

勉強、工作、外遊びなどなど、やりたいことや好きなことを持ち寄り、誰もが自由に過ごせる場所「ほっこり」。わが子も、たくさんの大人たちの温かな目に見守られながら、少しずつ着実に、自分らしさを発揮しているようです。

特大折り鶴作成中
糸島新聞 10月28日号

いとしまこども食堂 ほっこり
【開催日】毎月1回、日時は公式SNSでお知らせ
【場所】健康福祉センターあごら2階
★予約不要・無料でどなたでも参加できます。(10時~16時)
★おにぎりセット…大人300円、子ども・学生・75歳以上無料(11時~13時)
★大学生のお兄さんお姉さんが宿題や勉強を教えます。勉強道具は持ってきてくださいね。
★開催日時や内容は、公式Facebook/インスタグラム/Twitterでご確認ください♪

「いとしまこども食堂 ほっこり」公式SNSはこちら↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

奄美大島生まれ、神戸育ち。2015年に初めて糸島に来たとき、青く透明な海に感動しました。自然が身近に感じられる糸島がとても気に入っています。育児がひと段落したら、釣り、登山、サイクリング…とやりたいことがいっぱい。海や山を見るたびうずうずしています。