MENU

<追記あり>前原のうどんウエストが臨時休業中。その理由が意外だった!?

筑前前原駅から南にちょっと行った西町交差点の角にある「うどんウエスト前原店」。

糸島に本店を置く「牧のうどん」の牙城に切り込んで、前原市街地のど真ん中に店を構えていたウエスト。うどんとおでんでファンを着実に捉えていたのだが、ここ数日は様子がいつもと違っていた。

24時間営業のお店が昼間から休業しているのだ。

コロナで営業時間が短縮していた時期はあったが、制限が解除されて再び夜も営業をしていた。数日前からも夜に電気が付いていないので「臨時休業かな」と思っていたが、土曜の昼間になっても店が閉まっている。しかも、店のあちこちに張り紙らしきものが・・・

どうしたのかと見てみると・・・!

なんと、「しばらくの間、休業させて頂きます」とのこと。しかもその理由が、

人員不足

「飲食店は働いてくれる人がいない」、と以前お店をしていたオーナーさんから聞いていたことがあったけれど、これほどまでとは。

お店の入り口にも休業のお知らせ

お店を見た感じではひと気はまったくなく、再開に向けた気配は感じられなかった。

身勝手なもので、お店が閉まると分かると、無性に味が恋しくなる。
牧のうどんも大好きだけど、時々ウエストのうどんの硬めのごぼう天うどんが食べたくなる。冬のおでんはお腹いっぱいでもつい食べてしまう。

前原のうどんウエストが無事再オープンできる日を、待っております。

・・・この記事の投稿から6日後、お店の前を通りかかってみると・・・

ウエストうどん 復活していました!!!

駐車場には複数台の車が停めてあり、店内は煌煌と明かりが灯り、にぎやかそうな雰囲気でした。
もしかしたらもっと早くに営業開始していたのかもしれないですが、なにはともあれ、臨時休業が早々に明けてよかったです。近いうちにお店に行きたいです。待ってて!ごぼう天うどん!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

糸島市在住のフリーライター・企画ディレクター。糸島のシンボル可也山(365m)が365日眺められるところに住んでいるが、登山歴はまだ4回。2回死にかけ、1回遭難しかけた。
→2021年に何に取り憑かれたのか、可也山に登らずにはいられない体質になり、月3〜5回登頂している。でも痩せない。
土木と物流と地名と炭水化物が好き。妊婦ではありません。