MENU

波多江駅そばで約20年!新鮮野菜が並ぶ直売所

糸島市内で、筑前前原駅の次に利用者の多い波多江駅。

昨年10月末には、自由通路の運行開始、さらに南側にエレベーターが設置され利便性が向上しました。

この波多江駅の北口を出てすぐ近くにあるJA糸島波多江支店の隣の場所で、約20年続く直売所があります。

「波多江ふれあい市 農の駅」

JR筑肥線波多江駅北側

取材依頼のときに「いつも開店と同時にお客さんが一番入ってくるから、15時半頃には商品がかなり少なくなっているよ」と聞いていましたが、当日直売所の光景を見てその言葉に納得しました。

オープンしてまもなくするとレジ前にはずらっとお客さんが並ぶ

こちらは、オープン前にお客さんを待つ新鮮野菜や果物の数々。

営業日は月・金曜日の15時~18時
13時半ごろから商品の搬入が始まる
青々としたほうれん草
常連さんがオススメしてくれたジャガイモ
旬のブロッコリーやカリフラワー。空いたスペースはトマト農家さん待ち
有精卵。生産者は代表の陶山さん
板持にある(株)伊都の宝の「伊都の豚」

加工品は梅干しや旬の野菜のお漬物が並びます。

前に買った山本さんの柚子大根が美味しくて、取材後再び購入しました。

袋にずっしり入って100円!ご飯のお供にありがたいです。

常備したいお漬物

お客さんが落ち着いた後は、波多江駅近くの場所ということもあって、電車の利用者が買い物に来ている様子でした。

今の営業場所には、元々Aコープが入っていたそうです。

この周辺で他に昔と変わったところを代表の陶山さんに聞くと「毎日見ている場所だから変わったところはあまり分からない」とおっしゃっていましたが、駅近くにあるスーパー「マルコーバリュー」は、踏切近くにあるマンションの場所に元々あり、移転して今の場所になった、と教えてくれました。

また伊都菜彩が平成19年(2007年)にオープンしたとき、波多江ふれあい市をやめる話も出たとのこと。

しかし、ふれあい市のお客さんはほとんどが近くに住んでいる人たちで「伊都菜彩まで歩いて買い物に行くのは遠い」という意見もあり存続が決定したそうです。

毎年12月の周年祭では、コロナ禍前は豚汁を振る舞ったり、くじ引きを企画したりとお客さんを喜ばせていた波多江ふれあい市のメンバーの皆さん。

昨年も中止となったため、くじ引きの変わりとして、来てくれるお客さんにお米3合をプレゼントしたそうです。

さらにバレンタインには毎年チョコレートを準備。

皆さんの「ほんの少しのことだけど、来てくれる人に少しでも喜んでもらいたい」という思いと、対面販売ならではのふれあいに胸が熱くなる取材となりました。

「波多江ふれあい市 農の駅」
糸島市波多江駅北4-3-11
月・金曜日 15時~18時

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福井県出身。糸島移住5年目。
車中心の生活にカツを入れるべく、最近は、糸島の自然を感じながらウォーキングしています。自宅周辺から見える背振山地と見渡す限りの広い空、田畑が広がる景色が好き。