MENU

玉栄寺にある小さな図書館「おてらぶんこ」

 糸島市長野にある浄土真宗本願寺派玉栄寺の本堂には「おてらぶんこ」という小さな図書館がある。

 2019年8月に開設された当初から、「お寺に来た子どもたちが自由に本を読んだり、友達と遊ぶ中で、豊かな心を育む居場所になってほしい」という思いを大切にしてきた。

 寄贈や図書館で開催されたブックリサイクルを活用して、絵本や児童書など約600冊が並ぶ。

 「放課後や子ども会など、お寺に子どもが集まるときに、ちょっと早めに来た子どもたちが自由に、本を読みながら待っている光景がいいですね。法事などで一緒にくる子どもたちにもおてらぶんこは人気なんですよ」と語るのは、坊守の中島祐子さん(39)。中1、小4、小2の3人の母親である。十数年、子どもたちに寝る前の読み聞かせをしていて、「本は人の可能性を引き出す力を持っている」と感じおり、おてらぶんこにも期待を膨らませる。また、お寺が子どもたちにとって「気軽に安心して過ごせる場所になれば」という思いも持っている。

「いつでも遊びにきてください」と笑顔で語る中島さん。おてらぶんこが子どもたちの心の栄養になればと願い、成長を見守っている。

 

浄土真宗本願寺派 廣谷山 玉栄寺(こうこくざん ぎょくえいじ)

福岡県糸島市長野1255

電話番号:092-324-0090  FAX:092-332-0008

ホームページ:https://gyokueiji.org/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

3児の母。
糸島移住歴7年。
家族でお出かけするのが好き。