MENU

ラヂオいとしま「伊都伝話(いとでんわ)」クスッと伊都可笑し

4月から放送を開始したインターネットラジオ「ラヂオいとしま」をご存知だろうか。
動画サイトYouTubeで糸島の地域情報などを自由に発信している。


毎週水曜日12:15〜 放送の「伊都伝話(いとでんわ)」は、やさしい水彩画のイラストと糸島のローカルネタを組み込んだ、ほのぼのストーリーが癖になるラジオドラマ風の番組。

イラストは糸島在住のデザイナーでキャラクターデザインなどを得意とするMCのコグマ工務店が手掛ける。脚本を担当するのは、同じく糸島在住で劇場などの大道具の仕事と小説家の二刀流をこなす朱雀新吾さん。

朱雀さんの小説「異世界落語」糸島の積文館書店や大手通販サイトでも手に入る

伊都伝話の中に出てくる地名や店の名前に、糸島の風景がありありと浮かぶ。

糸島ネタを取り入れながら展開するストーリーは、最後にしっかりオチもあって、さすが落語小説家の脚本と唸ってしまう。

4月のスタートから週に1度のペースで作品が公開されている伊都伝話。
もっとたくさんの人に知ってもらいたい。


今までに放送された全7話を紹介する。
(各回のイラストをクリックすると動画を観ることができる)


糸島の今昔、笑いあり、涙ありのやさしさ溢れるストーリーを家族みんなでお楽しみあれ。

「昔、映画館があった!?の巻」
知る人ぞ知る? 私は知らなかった糸島の映画館。
「今日のお昼は何にする!?の巻」
糸島の食 ”まみむめも” とは? ローカルフード満載!
「雷山に雪がつもった!?の巻」
糸島センチメンタル物語。この回は反響が大きく神回と言われている。
「おばあちゃんの探偵物語の巻」
おばあちゃんの手の温もり、覚えているだろうか。
「ランニングマン伊島幸治!?の巻」
伊島が暴走!? なんか分かる〜と共感する話。
「いとの境目ってどこだっけ!?の巻」
移住者の納得いかない疑問に答える伊島。糸島のへーほーが詰まっている。
「釣りキチ行商のおばあちゃんの巻」
大漁のおばあちゃんの行き着く先は、糸島の昭和の台所。

ゆったりとした時間の流れに包まれる伊都伝話の世界。
MCコグマ工務店の語りも魅力だ。脚本を書いている朱雀さんも時々声の出演をする。

週の真ん中 水曜日、やさしいイラストと糸島小話にほっこりしてみては。

 ラジオいとしま   https://radioitoshima.com

 伊都伝話(いとでんわ) YouTube 動画サイト  毎週水曜日 12:15〜

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

中学生の娘の母。
Uターンで20年ぶりに糸島に戻ってきました。
移りゆく糸島の風景に昔の記憶を重ねながら、
テクテクお散歩するのが好きです。

地球と自然に寄り添う
ハーバルライフも楽しんでいます**
Herbal Life Coronet