秋のお出かけスポット!平原歴史公園周辺のコスモスが見頃です

心地よい秋風に揺れて気持ち良さそうな紫、ピンク、白の可愛らしいコスモス。

平原歴史公園周辺を散歩する近所の人や大きなカメラを持った人たちが、ゆっくりした足取りでその姿を楽しんでいました。

平原歴史公園周辺のコスモス

コスモスは雷山校区の区長さんたちが8月初旬に種まきをしたもの。

毎年10月中旬に行われる平原王墓まつりに合わせてコスモスを育てていますが、今年のまつりは中止。

だけど近所の人や園児たち、高齢者施設の人など、この季節はたくさんの人が訪れるため「コスモスだけでも楽しんでほしい」と活動を決めたそうです。

秋風になびく一面のコスモス

平原歴史公園は、国宝に指定されている日本最大の銅鏡「内行花文鏡」をはじめ、勾玉などが出土した平原遺跡を歴史公園として整備した場所です。

昭和40年に発見された平原遺跡。40面もの銅鏡や勾玉などが出土した。

遺跡にまつわる説明を記す立て看板が新しくなっていました。

原寸大の内行花文鏡の写真が載っています

平原歴史公園は広々とした芝生も魅力ですが、遊具がないので小さなお子さん連れには近くの公園もオススメ。

この木のそばにある細い道を西に向かって、歩くこと約1分。

緩やかな坂道を下っていくと、平原公民館に隣接する広場が見えてきて、そこにブランコや鉄棒があります。

平原歴史公園の近くに公園があります

コスモス畑に戻ると、可愛らしい小さなつぼみがまだたくさんありました。

まだしばらくコスモスの花を楽しめそうです。

かわいらしいつぼみがたくさん

可也山など遠くの山々を望む景色にも心が癒やされます。

コスモス畑から可也山が望めます
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福井県出身。糸島移住4年目。
車中心の生活にカツを入れるべく、最近は、糸島の自然を感じながらウォーキングしています。自宅周辺から見える背振山地と見渡す限りの広い空、田畑が広がる景色が好き。