MENU

母の日に贈る 「マザーハーブ」カモミール

爽やかな5月の風吹くこの季節。庭先や歩道の花壇などで目にするカモミール。
我が家の庭でも小さな白い小花が次から次に花を咲かせています。

今年もまたハーブティー用にカモミールの花を収穫します。

人差し指と中指の間に花を挟んで、すくうように軽く引っ張ると、プチっと簡単に摘み取ることができます。カモミールの清々しいリンゴのような香りに包まれながら、一つひとつやさしく摘み取っていきます。花が傷まないようにそっと器に広げましょう。

写真の器は、ささ日の特集・コラム『糸島の母ちゃん数珠つなぎ』に登場している、杉の木クラフト溝口さんの器。寄木した糸島杉に天然の漆が塗ってあり、その趣に一目惚れして連れ帰ってきた器です。無期限のメンテナンス保証付なのもうれしい。末永く愛用させていただきます。

カモミールが映えますね〜

摘みたてのカモミールにお湯を注いでフレッシュカモミールティーをいただきましょう。
熱いお湯を注ぐと、さっと色が出ます。黄色はフラボノイドの色。

カモミールは体調管理に、子どもからお年寄りまで安心して使用できるハーブとして、その作用のやさしさや効能の多さから、母なる薬草「マザーハーブ」として世界中で親しまれています。

日常的にハーブティーを薄めたものを肌荒れのケアとして塗布したり、神経を落ち着かせるために寝る前に飲用したり、お腹が張って調子がすぐれない時などに利用します。香りがとても良いので、カモミールの花束をお風呂に入れてリラックスタイムを過ごすこともあります。

摘んだ花は、容器や袋に入れて冷蔵庫に保管します。10日から2週間くらいは保ちます。

乾燥させれば1年くらい保存が可能です。風通しの良い半日陰の場所で平らに並べて1、2週間ほどで完成。家庭でも簡単にできますよ。ガラス瓶で保存します。

カモミールはミルクと相性が良いので、カモミールプリンなど作ってみても良いかもしれません。興奮してなかなか寝付かない子どもに、カモミールのミルクティーは定番です。

<カモミールプリンの作り方> 4人分

1.好みの手作りプリンのレシピを用意する
2.ミルクや砂糖などと一緒にカモミールを1gほど鍋に入れて弱火にかける
 (カモミールの分量はお好みで。最初は控えめにした方が無難です。鍋で煮出したら濾します)
3.卵を溶いたものに2をゆっくり加えてなじませる
4.器に入れてオーブンで焼く
 (レシピによっては焼かずに冷やし固める)


アバウトな作り方の紹介ですが、要はカモミールミルクティーでプリンを作るだけ
カモミールとミルクの相性をお試しください。

最近知ったカモミールの花言葉は

・patience in adversity(逆境に耐える)
・energy in adversity(逆境で生まれる力)

意外にも、たくましく強い意味合いを含んでいます。
寒さに強く、踏まれても丈夫に育つその姿から付いたようです。

なるほど、やさしさだけじゃない強さも兼ね備えたカモミール。
マザーハーブと言われる由縁を花言葉からも感じます。

カモミールのように強くやさしく、たくましく。
そして、かわいらしい母でありたいものです。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

中学生の娘の母。
Uターンで20年ぶりに糸島に戻ってきました。
移りゆく糸島の風景に昔の記憶を重ねながら、
テクテクお散歩するのが好きです。

地球と自然に寄り添う
ハーバルライフも楽しんでいます**
Herbal Life Coronet