MENU

伊都の杜 育児サークルRING

お母さんたちの輪をつなぐ
安心して子育てできる街

「こんにちは!」次々と幼い子を抱いたお母さんたちが入ってきます。柔らかな日差しに包まれ、明るく広い畳敷きの室内で、赤ちゃんが木のおもちゃで遊んでいます。お母さんたちの笑い声が響く、和やかな優しい空間。

訪れたのは、糸島市健康福祉センターあごら(以下、あごら )で活動している「伊都の杜 育児サークルRING(以下、RING)」です。

伊都の杜といえば、2019年3月にJR筑肥線「糸島高校前駅」が開通したばかり。駅周辺はマンションの建設ラッシュで、これからどんどん人口が増える新しい街です。住人の多くは、子育て中の若い世代。新築の一戸建てが立ち並ぶ住宅街では、公園で遊ぶ親子連れの姿をよく目にします。

伊都の杜では2017年2月、自治会が主体となってRINGを設立。活動を通して未就園児の子どもたちの健やかな成長を促し、母親たちの子育ての不安や孤独感を緩和しようと作られました。毎年、地域の子育て中の保護者からRINGの役員5名を選出し、企画運営をしています。

月1回(不定期)あごら内のふれあい交流室か教養娯楽室で活動しています。役員が作ったチラシを糸島市の広報誌と一緒に配布し、活動日やイベントを伊都の杜の住民限定で告知。参加は自由で、特に申し込みの必要もありません。毎回親子10組前後が集まっています。

取材に伺った日は、節分イベントで鬼のお面作りが行われました。役員さんが手作りの鬼のお面セットを手渡し、作業スタート。これらの材料費や施設使用料は、自治会で予算を組み賄っているそうです。

お母さんやお友達と仲良くお面を作り「鬼の顔はどんな顔?」「こんな顔!」と自分の顔で表情を作る子も。あちこちで楽しい会話が飛び交います。それぞれ個性豊かな鬼のお面ができました。

赤ちゃん鬼に、元気でかわいい子鬼たち。お面をかぶって「はい、ポーズ!」「オニーッ!」と叫んで撮った集合写真には、すてきな笑顔が並び、親子で楽しい思い出作りのひとこまです。

RINGでは、年間を通してさまざまなイベントを企画しています。参加者のお母さんが教えるパン教室や英語講師を招いての英語教室。ハロウィンの仮装パーティー、クリスマスリース作りなど、アイデアいっぱいの親子でハッピーなイベントです。初めて参加したお母さんに、年間イベントの紹介をすると、「またぜひ来たいです」とうれしそうでした。

お菓子や飲み物を持ち寄って、お母さんたちの交流を深める茶話会もあります。伊都の杜は新しい街で、最近移住してきた人ばかり。「ここには子どもと私の友達を作りに来ている」「地域で作る育児サークルは、近所同士の集まりで距離感が近く、安心感があるので母親同士が仲良くなりやすい」と話します。

通常は子どもたちが自由に遊び、お母さん同士でおしゃべりを楽しむ活動をしています。出入りも自由なので、伊都の杜で子育て中のお母さん、お子さんと気軽に遊びに行ってみてください。

街も子どもと一緒に育まれていく伊都の杜。地域で運営する育児サークルは、お母さんたちの輪をつなぎ、安心して子育てできる環境をつくり出しています。お母さんと子どもたちの笑顔があれば、活気に満ち、街の未来も明るいと強く感じました。

【取材者】ライター 澤野 香織
※この記事は2020年1月23日現在の取材情報です。

【利用料金】申し込み不要 無料(伊都の杜 住民限定)

団体名  伊都の杜 育児サークル RING

住所   糸島市潤1丁目22-1 糸島市健康福祉センターあごら

よかったらシェアしてね!