MENU

わかめとめかぶの関係

    あした浜辺を さまよえば
     昔のことぞ しのばるる…

懐かしい文部省唱歌を口ずさみながら、浜辺をそぞろ歩いていると…

ありましたありました、この季節だけの海からの贈り物。

どこかの岩場から引きちぎれて流れ着いたワカメ。

写真を撮り忘れたのでスケッチですが、普段のお味噌汁に浮かぶ黒いワカメとは異なるこげ茶色で、全長1m程。しっかり雌株までついています。

さっそく下処理スタートです。

①ヒラヒラしたワカメ部分と茎を切り分ける。

②沸騰したお鍋でサッと湯がく。

冴えない姿だったワカメがあら不思議、鮮やかな緑色になります。やっと見慣れたワカメですね。

③水にさらします。

④続いてメカブ。根元で波状に巻いている部分が雌株。あの「めかぶ」の正体です。

バレリーナのはいているフリルのスカートのような自然の造形美…

変わるかな変わるかな

変わったーーー

あざやかな緑に変わった後は、包丁で細かく叩くとねばねば…

これこれ♪納豆に混ぜてダブルねばねばもいいし、醤油を入れてそのまま粘りを楽しんでも、お味噌汁に入れて磯の香りを楽しんでも…の、あのめかぶ納豆となります。

⑤茎は炒めても佃煮にしてもいいですね。

⑥水にさらしたワカメは、塩で漬けて塩蔵わかめにしたり、乾燥わかめにしたりして保存します。

拾うは易いが、食うは難し

我が家の子どもたちは、そろってワカメ嫌い。メカブはもっと嫌い。

仕方ないので、しっかり乾燥させ、粉砕し、塩と混ぜてふりかけとします。

これならなんとか。

洗濯物と一緒に揺れるワカメは春の風物詩ですね。

海の底で揺れていた頃を思い出しながら、今は洗濯物と一緒に揺れています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名刺の肩書は「酒まんじゅう製作/ライター」。